(著者に会いたい)『逃げ出せなかった君へ』 安藤祐介さん

有料会員記事

[PR]

 ■過労地獄、思い伝えたい 作家・安藤祐介さん(42)

 「あの頃は心をなくしていた」。2000年、大学卒業後に入った会社は正社員がほとんどおらず、雑務がのしかかり、休みもなく、明け方に帰る日も。食事時間も十分にとれず、2カ月で8キロ痩せた。テレビを見る暇も友達と会う時間もなく、隔絶された世界だっ…

この記事は有料会員記事です。残り643文字有料会員になると続きをお読みいただけます。