[PR]

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)をめぐり、堤防排水門の開門を命じられた国が、漁業者に開門を強制しないよう求めた訴訟の上告審は、開門を命じた確定判決の拘束力が審理の争点になる見通しとなった。最高裁から上告受理決定の連絡を受けた漁業者側の弁護団が24日、明らかにした。

 最高裁は22日付で7月26日に弁論…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも