[PR]

 指定暴力団住吉会系の組員らによる特殊詐欺で被害に遭った女性が、「代表者責任」を理由として住吉会トップらに1950万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、東京地裁(伊藤繁裁判長)であった。判決は代表者責任を認めず、実行犯の組員に限って1100万円の賠償を命じた。

 特殊詐欺について暴力団トップの代…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも