[PR]

 東京・銀座にあるデパートの屋上。「生きた動物大バーゲン」と銘打った催しでは、小鳥や小動物のほかバクやオオアリクイなど300種が売りに出された。最高値は子象で、120万円の値段がつけられた。

 当時の新聞記事によると、春の大型連休中の話題づくりを狙って企画されたという。リスやウサギなどが人気を集め…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも