[PR]

 昨夏、人形浄瑠璃文楽として蘇演された近松門左衛門作「出世景清」を素浄瑠璃で演奏する会が29、30両日、東京・紀尾井小ホールで開かれる。発案は鳥越文蔵・早稲田大名誉教授。作曲は文楽三味線の鶴澤燕三が手がけた。

 義太夫節の人気を確立し、新旧浄瑠璃の分水嶺(ぶんすいれい)ともなった17世紀後半の画期的…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも