列車の制御、新時代へ 位置情報発信、車間保つ 路線データ搭載、脱線防ぐ

有料会員記事

[PR]

 鉄道の安全を支えてきた列車の制御の仕組みが「令和」の時代に一変しそうだ。人的要因で起きてきた衝突事故や速度超過を、情報通信技術を使って未然に防ぐ。いま鉄道の世界は、自動運転へとつながる転換期にさしかかっている。(波多野大介)

 新たな仕組みは「無線式列車制御システム」と呼ばれる。1985年ごろか…

この記事は有料会員記事です。残り1372文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら