[PR]

 河川の氾濫(はんらん)や土砂災害が相次ぎ、死者・行方不明者が200人を超えた昨年7月の西日本豪雨では、避難をめぐる課題が改めて浮き彫りになった。政府は、避難のタイミングを住民に分かりやすく伝えようと避難情報の出し方を見直した。今年の梅雨期から運用が始まる。情報をどう受け止め、逃げればいいのか。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも