[PR]

 「食べる」のシリーズに届いたお便りから一部を紹介します。初回は「大石静と腸閉塞(へいそく)」への反響です。

 ●便秘治療しておけばと後悔

 自分と重なる体験が次々に登場して、驚きました。私は28歳の時、子宮内膜症の開腹手術を受けました。手術の傷に大腸の一部が癒着して細くなり、ずっと便秘でした。排…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも