[PR]

 (第7週・神宮)

 明大が法大に0―7から逆転勝ちし、5季ぶり40度目の優勝を決めた。四回以降追い上げ、同点の八回、代打の松下(3年、九州学院)が決勝打となる二塁打を放った。明大は1分けを挟んで9連勝で勝ち点4、9勝1敗1分け。追う慶大(勝ち点3、6勝3敗)が最終週の早慶戦で全勝しても届かない…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも