[PR]

 200人以上が犠牲になった昨年7月の西日本豪雨を受け、気象庁が出す洪水や土砂災害などの情報や、自治体が出す避難勧告などの情報が今週以降、順次新しくなる。「種類が多く、分かりにくい」との指摘があったため、従来の情報に5段階の危険度を付記する。伝わりやすくし、早期の避難につなげたい考えだ。▼24面=ど…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも