[PR]

 ■憲法を考える 視点・論点・注目点

 憲法改正の賛否を問う国民投票の際、賛成・反対両派が出すテレビCMの量を規制すべきかどうか――。衆院憲法審査会は、日本民間放送連盟(民放連)から意見聴取した。民放連は法による規制に慎重な姿勢を示すとともに、賛否のCMの量をそろえる自主規制も行わない方針を説明…

この記事は有料会員記事です。残り3572文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り3572文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り3572文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも