[PR]

 (1)水村美苗著『母の遺産 新聞小説』(中央公論新社、12年刊) 「風俗小説」+「私小説」+「新聞小説」という形で書かれた見事な長編小説。水村氏はその都度、新たな器に挑戦してきた。次はどんな趣向かなと待ち望む作家は、彼女以外にほとんどいない。

 (2)加藤典洋著『敗戦後論』(講談社、97年刊) 日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも