平成の「負」あぶり出す 社会派ミステリーの旗手・葉真中顕さん、新刊「Blue」

有料会員記事

[PR]

 児童虐待介護、外国人差別といった社会問題に切り込むエンターテインメント小説を世に送り出してきた作家、葉真中顕(はまなかあき)さん(43)が注目を浴びている。今年、『凍(い)てつく太陽』(幻冬舎)で大藪春彦賞、日本推理作家協会賞をダブル受賞。新刊『Blue(ブルー)』(光文社)では、平成を生きた男…

この記事は有料会員記事です。残り1748文字有料会員になると続きをお読みいただけます。