(福岡伸一の動的平衡)1250部から始まった進化

有料記事

[PR]

 20年ほど前、私が初めて出した本は、小さな版元から刊行した翻訳書で、売血から始まり、精子や卵子、臓器など人体の商品化の歴史を批判的に考察し未来を憂えたものだった。難しい内容ですからねえ、と版元が決めた初版は3千部。そのまま増刷されることなく終わった。実売数は知らない。

 160年前、緑色の分厚い書…

この記事は有料記事です。残り412文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載福岡伸一の動的平衡

この連載の一覧を見る