論壇委員会から

有料会員記事

[PR]

 東洋英和女学院前院長の著書の論文捏造(ねつぞう)が、論壇委員会でも話題になりました。研究不正は、発覚すれば積み上げた名声を一気に失わせる行為です。「実績ある研究者がなぜ」。委員の関心もそこに集中しました。本人は動機を語っておらず、真相は謎のままです。

 人文や社会科学系の単行本は、研究者の査読を経…

この記事は有料会員記事です。残り123文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載論壇委員会から

この連載の一覧を見る