[PR]

 銀幕から、いや舞台から抜け出てきたような、ふわりとした時間をまとう。3年ぶりに再演されるケラリーノ・サンドロヴィッチ台本・演出「キネマと恋人」のヒロイン、緒川たまき。ファンタジーを演じるにふさわしい、浮世離れした空気を漂わせる理由とは。

 ■昭和初期の空気と向き合って

 1930年代、地方の島に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも