(評・音楽)BUCK―TICK らしさ全開、サービスと攻め

有料記事

[PR]

 不動のメンバーでメジャーデビュー31年目を迎えたBUCK―TICKが、「ロクス・ソルスの獣たち」と題して、千葉・幕張メッセ国際展示場9・10・11ホールで25、26日の2日間にわたり公演した。

 レーモン・ルーセルの奇想小説の題を引いた公演名からして、このバンドらしい。退廃や非現実性を作品の軸とし…

この記事は有料記事です。残り571文字有料会員になると続きをお読みいただけます。