(記者推し)桟敷童子20年、美術へのこだわり

有料記事

[PR]

 今年、結成20周年を迎える劇団桟敷童子(さじきどうじ)。土の香り漂う物語と同時に特徴的なのが、劇団員たちが手ずから作り上げる舞台美術だ。

 流れ落ちる滝、駆け抜けていく機関車、一面の燃えるような紅葉――。これまで幾度も、印象的な場面を舞台上に刻んできた。

 元々「自分が美術をやりたくて、旗揚げした…

この記事は有料記事です。残り381文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載記者推し

この連載の一覧を見る