[PR]

 東京電力は30日、福島第一原発2号機で、核燃料プールから燃料を取り出すため、原子炉建屋の隣に取り出し用の構台を設置する新たな案を発表した。建屋上部を解体して取り出しを進める予定だったが、新たな案は放射性物質の飛散と作業員の被曝(ひばく)、雨水の流入を抑えられるという。今年度中に取り出し方法を最終決…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも