[PR]

 学生時代に撮ったインディペンデント作品が、海外で高評価を得てシネコンで公開される――。逆輸入映画「僕はイエス様が嫌い」が31日に封切られた。23歳の新鋭・奥山大史(ひろし)監督本人も「作っている時には全く考えていなかった流れ。想定外です」と驚くサクセスストーリーだ。

 東京から雪深い田舎町に引っ…

この記事は有料会員記事です。残り698文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り698文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り698文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも