(ことばサプリ)水無月 無は、「無い」では、ない

有料記事

[PR]

 今日から6月。6月の異名は「水無月(みなづき)」というのはご存じの方も多いでしょう。雨の多いこの時期が「水が無い」とは妙だな、でも旧暦の6月は今の7月ごろで、梅雨も明けて暑くなる頃だから「水が無い」月なのだろうと思っていました。

 ところが、そうではないようなのです。辞書などには複数の語源説が示さ…

この記事は有料記事です。残り671文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント