(書評)『選挙制を疑う』 ダーヴィッド・ヴァン・レイブルック〈著〉

有料会員記事

[PR]

 ■民主主義の危機への治療法示す

 「民主主義には二度万歳をしよう。一度目は、多様性を許すからであり、二度目は批判を許すからである。ただし、二度で充分。三度も喝采する必要はない」。こう書いたのはイギリスの作家E・M・フォースターである。この作家にとって、三度の喝采に値するのは、ただ「わが恋人、慕わし…

この記事は有料会員記事です。残り811文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら