ネットで緊急避妊薬、性被害者らに限定 厚労省検討会の方針案

有料記事

[PR]

 性暴力や避妊の失敗による望まない妊娠を避けるためにのむ緊急避妊薬について、厚生労働省の検討会は31日、医療機関に行かずに処方を受けられるオンライン診療の解禁を認めるものの、利用できる女性を限定する方針を決めた。近くに受診可能な医療機関がない、または性犯罪の被害を受けて対人恐怖がある場合に限る案が出…

この記事は有料記事です。残り344文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。