五輪会場の周辺、駐車予約制検討 国交省など、大会期間中

有料記事

[PR]

 2020年東京五輪パラリンピック期間中の交通渋滞対策として、国土交通省東京都、大会組織委員会は、競技会場周辺の駐車場を予約制にし、一般車の通行を抑制する検討に入った。今年7~8月にテストを行う予定だ。大会期間中は、会場周辺に選手や大会関係者、観客を運ぶ車両以外の一般車両に迂回(うかい)を呼びか…

この記事は有料記事です。残り22文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。