骨太の方針に人手不足対策 就職氷河期世代の雇用など骨子案

有料記事

[PR]

 政府は31日の経済財政諮問会議で、今年の「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」の骨子案を示した。不安定な生活を送る人が多い「就職氷河期世代」の就職を後押しする制度や、高齢者雇用の促進について盛り込んだ。人手不足が深刻になる中、働き手を増やして成長率を維持したい狙いがある。6月中の閣議決定を…

この記事は有料記事です。残り643文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。