(聖火は照らす TOKYO2020)第3部:中 運動科学、みんなに応用

有料記事

[PR]

 アスリートのけが防止や技術向上に最先端の科学技術を使い、その成果を市民の健康に役立てる。2020年東京五輪を前に、そんな動きが活性化している。

 5月21日、東京都にある味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)。ハンドボール女子日本代表の選手たちが、20センチの高さから測定機器の上に片脚で着…

この記事は有料記事です。残り1366文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!