(好書好日)熊楠が粘菌をAIに!?

有料会員記事

[PR]

 歴史上の事件や説話を下敷きに想像の翼を広げた物語のジャンル「伝奇」。国枝史郎『神州纐纈(こうけつ)城』(河出文庫、品切れ)、半村良『完本 妖星伝』(祥伝社文庫、全3巻、1188円~)をはじめとする名作群に連なる快作が柴田勝家さんの新刊『ヒト夜の永い夢』(ハヤカワ文庫JA、1080円)です。

 博物…

この記事は有料会員記事です。残り290文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら