(コミック)『君のくれるまずい飴』 冬虫カイコ〈著〉

有料会員記事

[PR]

 ■そっけなく残酷な少女たちの日常

 少女たちの神話。と書くと、どこか陳腐な宣伝コピーのようだが、一読して率直にそんな感想が思い浮かんだ。学校や家庭などのありふれた日常を舞台に少女たちを描いた短編集だが、まるで神話や昔話のように幻想的で、そっけなく残酷で、象徴的な物語が収められている。その完成度の高…

この記事は有料会員記事です。残り414文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら