(おすすめ)絶望も希望も見てきたままに

有料会員記事

[PR]

 30年にわたりフランスの写真通信社の契約フォトグラファーとして戦場を取材してきた橋本昇さんのもとにある日、デジタル化を済ませたフィルムが大量に返却されてきた。光に透かしてみると、あの時、あの場所の光景、音や臭いまでまざまざとよみがえる。「見てきた事を見てきたままに伝える」ため、若い読者に向けて書い…

この記事は有料会員記事です。残り308文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載おすすめ本

この連載の一覧を見る