(社説余滴)日ロ交渉に影落とす中国 駒木明義

有料記事

[PR]

 北方領土を取り戻す手段として戦争に言及した丸山穂高衆院議員の発言は、ロシアからも厳しく批判された。だが言うまでも無く、ロシアを怒らせたことが問題の本質ではない。

 国会議員の発言がロシアの反発を招いたという観点だけでみれば、丸山氏を上回る例が最近あった。

 「腹立たしい言い分だ。まったく受け入れら…

この記事は有料記事です。残り743文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

連載社説余滴

この連載の一覧を見る