[PR]

 複雑に変化する自然環境に対応し、自在に飛んだり歩いたりできる鳥や昆虫。こうした生物のしくみを手本に、ロボット開発などに生かす「バイオインスパイアード・テクノロジー(生物規範工学)」という取り組みが注目されている。

 千葉大の劉浩教授らは、羽ばたいて飛ぶ、次世代のドローンの開発を目指す。「鳥のよう…

この記事は有料会員記事です。残り2232文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2232文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2232文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも