[PR]

 1991年6月の雲仙・普賢岳(長崎県)の大火砕流から3日で28年を迎えた。ふもとの雲仙岳災害記念館(同県島原市)前の広場では、小中学生が手作りした1千個のキャンドル「いのりの灯(ともしび)」に火がともされ、市民が43人の犠牲者を悼んだ。

 キャンドルには、災害の記憶を引き継ぐ決意や平和への願いを児…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも