[PR]

 家事などの無償労働を貨幣評価する必要性は、世界中で認識されている。だが、国際的な基準がまだないのはなぜなのか。

 「何をどこまで無償労働に含めるのか線引きが難しく、国や研究者によってバラバラなのが現状」と、内閣府経済社会総合研究所の主任研究官私市(きさいち)光生さんは説明する。

 たとえば、庭をき…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら