[PR]

 与野党は4日、北方領土返還に関し「戦争」に言及した丸山穂高衆院議員(日本維新の会から除名)に対し「国会議員としての資格がない」との表現で実質的に辞職を促す内容の「糾弾決議案」を近く新たに衆院に共同提出する方向で調整に入った。提出されれば、与野党の賛成で可決される見通しだ。▼4面=自民、態度一転

 …

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも