[PR]

きみがする声だけの咳すみずみに春のふるえのみたされてゆく

 

濡れている埃(ほこり)を胸に詰めて佇(た)つひかりを容れてやまぬ構内(ホーム)に

 

はたらいて働いていないような気がする 壊れた椅子に打ちつける釘

 

一部の人は、と学生わらう天一(てんいち)にきみとだまって向かい合う午後

 

なんだろ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも