(声)強制不妊、被害者目線で救済を

有料会員記事

[PR]

 無職 山村哲男(神奈川県 72)

 旧優生保護法の下で不妊手術を強制されたのは違法として損害賠償を求めた訴訟で、仙台地裁は法律が憲法に違反していたと判断した。しかし、手術から20年以上たっており損害賠償を請求する権利は消滅したとして、原告の請求を棄却した。

 違憲であっても国の損害賠償を認めなかっ…

この記事は有料会員記事です。残り333文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら