[PR]

 旧優生保護法の下で不妊手術を強制された女性たちは、国によって権利を奪われた被害者だ。5月28日の仙台地裁の判決では、その被害者たちの賠償請求が退けられ、驚いた。

 ナチスと同じ発想から生まれた旧優生保護法の優生思想については、その非人道性が指摘され、憲法が保障する「性と生殖に関する権利」とは相いれ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも