[PR]

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は4日、中国などとの通商紛争の動向によっては利下げを視野に入れる姿勢を表明した。利下げに踏み切れば、金融緩和からの「正常化」を進めてきた政策の転換になる。外国為替市場ではすでに利下げを見越してドルが売られて円高が進んでおり、日本銀行に追加緩和を求める圧力…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも