[PR]

 ■亡き人を心にとめ生の意味問う

 愛する人との死別や、深刻な喪失を経験した人。彼らと「ともに悲嘆を生きること」(グリーフケア)を社会的、歴史的に考察した書。

 具体的に解決策を説いているわけではないが、日本社会の現在の「喪」のあり方が浮かび上がってくる。

 著者によると、グリーフケアという語が知ら…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも