[PR]

 飲料大手のサントリーホールディングスが、ペットボトルの製造で化石燃料に由来する原料を2030年までに全廃する方針を掲げた。世界中で生産するすべてのペットボトルを、リサイクルした原料と植物由来の原料でつくる方針で国内初の取り組みという。ペットボトルの回収量を増やすための取り組みを今後、強化する。

 …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも