[PR]

 虐待を受けるなどして実の親と暮らせない子どもを救済する「特別養子縁組制度」を見直す改正民法などが7日、参院本会議で賛成多数で可決、成立した。対象年齢を原則6歳未満から原則15歳未満に引き上げるのが主な柱。政府は1年以内の施行をめざす。

 特別養子縁組は、経済的事情や虐待といった理由で、児童養護施設…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも