[PR]

 科学技術の発展に寄与した発明をたたえる全国発明表彰(公益社団法人発明協会主催、朝日新聞社など後援)の2019年度の表彰式が10日、協会総裁の常陸宮さまが出席して都内のホテルであった。最優秀の恩賜(おんし)発明賞は、日立製作所が英国に導入した高速鉄道車両システムの意匠(デザイン)で、高田(こうた)裕一郎さんと園(その)真さんに贈られた。内閣総理大臣賞は、高性能な新型の二次電池を開発した東芝の高見則雄さんらが受賞。朝日新聞社賞は、オフィスで紙をリサイクルできる機器を開発したセイコーエプソンの中村昌英さんらが選ばれた。

こんなニュースも