恋愛小説の妙手であり、働く女性を時代に先駆けて描いてきた田辺聖子さんが91歳で亡くなった。日常の哀歓を描く、自称「ただごと小説家」。やわらかな大阪弁を駆使して世に送り出した作品は、どんな人生も肯定し、多くの読者を勇気づけ、愛された。▼1面参照

 敗戦後の復興で活気を取り戻した大阪・梅田で、増え始…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも