[PR]

 日産自動車が今月25日の定時株主総会に諮るコーポレートガバナンス(企業統治)の改革案に対し、筆頭株主の仏ルノーが投票を棄権する意向を示したことで、資本関係の見直しをめぐる両社の攻防に静観を決め込んできた日本政府の姿勢に変化が出始めた。日産の統治改革を進めたい日本政府と、統治改革より日産への影響力の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも