[PR]

 立憲民主党の枝野幸男代表は11日の日本記者クラブでの会見で、参院選の公約で国家ビジョンを打ち出していく考えを明らかにした。(1)家計所得を起点とする経済への転換(2)多様性を認め合う社会(3)お任せ民主主義から参加型の民主主義への転換――の三つを柱とする。

 枝野氏は会見で、今後数十年の日本の社会…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも