[PR]

 「あれが布石になった」

 2004年アテネ五輪で体操男子を率いた加納実(68)がそう振り返るのは、前年に米・アナハイムで開かれた世界選手権だ。

 冨田洋之(38)が個人総合で銅メダル、鹿島丈博(38)が種目別のあん馬と鉄棒で金メダルを獲得した。長く低迷していた日本にとって、久しぶりの明るいニュース…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも