[PR]

 政府が11日に公表した骨太の方針の原案は、就職氷河期世代の支援など、労働関連の施策を「目玉」に打ち出した。一方で、最低賃金の引き上げに関する表現は「玉虫色」にとどまるなど、今夏の参院選を強く意識した内容となっている。▼3面参照

 「就職氷河期世代への対応は喫緊に対応すべき課題だ。政府一丸となって…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも