[PR]

 野性時代フロンティア文学賞を昨年受賞してデビューした岩井圭也さん(32)が、受賞後第1作目となる新刊『夏の陰』(角川書店)を刊行した。自身が打ち込んだ剣道を題材にした社会派サスペンスだ。

 天才数学者と周囲の苦悩を描いたデビュー作『永遠についての証明』(角川書店)は、2年間受賞者なしだった同賞で…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも