[PR]

 名匠シャルル・デュトワが大阪フィルを振って、リヒャルト・シュトラウス「サロメ」を演奏会形式で上演した(8日、大阪・フェスティバルホール)。

 フランスものが得意のデュトワにシュトラウスとは意外な取り合わせだが、艶(つや)やかな仕上げはさすが。とりわけ弱音の絹のような手触りは特筆もの。絶叫する表現主…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも