[PR]

 全国の国税局査察部が2018年度に摘発した脱税事件は182件(前年度比19件増)で、脱税総額は約140億円(同約5億円増)だった。国税庁が13日公表した。輸出免税制度を悪用するなどした消費税の不正還付事件が未遂を含めて16件、約19億円分あり、件数、金額ともにこの5年で最も多かった。

こんなニュースも